本の電子書籍化・裁断はカットブックプロに任せるべし

ノートにペンでメモしている手

本が大好きだけど、部屋が狭くて収納するスペースが足りない…
本当は本棚にずらっと並べてニヤニヤしたいけど、空間に限界がある…

という私のような方には、「本の電子化」が最適です。

もちろん、紙の本の素晴らしさは十分に理解したうえで、それでもスペースが不足していて、解決策を探しているという方におすすめできます。

本の電子化のおおまかな流れ

主な作業としては、大きく分けて以下の3つです。

  • 本の背表紙を裁断する
  • スキャナでPDFファイルとして読み込む
  • iPadなどで閲覧しやすい状態にする

まず、本を電子化するには、各ページを1枚ずつスキャナで読み込んで「PDF形式」のファイルにする必要があります。

そのために、ページをのりづけしてある本の背表紙を裁断(カット)して、ページを1枚ずつにするわけです。

実は、裁断からスキャンまで、まとめて作業してくれる業者もあるのですが、法律的にNGなのでまとめての依頼はできません。

ただ、めちゃめちゃ面倒な作業なので、各段階で外注できる部分は外注し、そこそこ安く抑える方法を考えました。

裁断機よりも「カットブックプロ」に依頼

自宅で本の背表紙を裁断するには、「裁断機」を購入するのが一般的です。

ただし、裁断機を購入する場合、デメリットがいくつかあります。

  • サイズが大きい、重い
  • 場所をとる(そのスペースに本を置きたいゾ)
  • 価格が高い(3万~5万円ほど)
  • 作業が疲れる
  • 裁断する刃のメンテが必要
  • 裁断したときの紙の粉が紙面に残っていると、スキャンしたときに黒い線になっちゃう
  • 紙の粉を取り除くのに手間と時間がかかる

ということで、裁断だけプロに依頼しちゃおうというのが最善策です。

今回依頼したプロは、「カットブックプロ」さんです。

初回のみ「20冊2,400円」のキャンペーンをおこなっていたので、こちらのパックを利用しました。(通常は20冊3100円)

結論からいうと、依頼して大正解でした!!

プロに依頼するメリット

  • 裁断機の購入費用が不要
  • 裁断機の保管場所が不要
  • 刃のメンテが不要
  • 紙の粉をプロのクオリティーで除去してくれる
  • 圧倒的に楽

というように、裁断機を購入する場合のデメリットを全解決してくれます。

もちろん、家に裁断機があれば、好きなときにザクザク切れるわけですが、ザクザク切らなければいけないほど、めちゃめちゃ読書家でない限り、何冊かたまってから裁断を依頼する、という方法で十分かと思います。

カットブックプロ利用の流れ

さて、実際にカットブックプロを利用する際は、こんな感じで進みます↓

  • ホームページ上で申し込み
  • 銀行口座に振り込み(振込手数料あり)
  • 本を段ボールに詰めて送る(送料は申し込み者負担)
  • 業者で裁断してくれる
  • 業者から本が返送される(1箱なら返送料無料)

実際のスケジュールはこんな感じでした↓

  • 12/4 注文、入金
  • 12/5 自宅から本を発送(ヤマトに集荷を依頼)
  • 12/6 14:00頃カットブックプロに到着
  • 12/6 15:00頃カットブックプロから返送
  • 12/7 午前中に自宅に到着

なんと、裁断から発送まで1時間で作業してくれてる!はや!

1冊120円のパック料金での申し込み

カットブックプロでは、冊数ごとのパックがあって、冊数が増えれば増えるほど、1冊あたりの料金が安くなります。

裁断市場の相場では、1冊あたり100円くらいを目安にして、100円を切ると安いなぁという感覚です。

カットブックプロの場合、「文庫・コミックパック」だと、60冊以上で100円を切ります。

ハードカバーや分厚い本が入る「全種類対応パック」だと、基本的に1冊100円以上です。

今回注文したケースだと、

  • 20冊2,400円の初回限定パック(1冊120円)
  • 振込手数料165円
  • 片道の送料1,200円

合計3,765円なので、トータルで考えると1冊188円。

送料が地味にかかって、結果1冊100円をかなり超えましたが、クオリティーがいいので金額的に不満はありません。

支払いは銀行口座への入金で、クレジットカードは非対応です。
その点だけちょっと不便なところですかね…

裁断後の本の状態は良好!

作業自体がものすごくスピーディー、かつ、完成したお品もクオリティー最高で大満足でした!

裁断面のズレや文字の途切れなどもなく、裁断後の粉とかも全然ないので、スキャンしても変な黒い線などは一切出ていません。

実は、追加で5冊ほど自分で裁断したのですが、カッターでの裁断は正直キツイです。

作業自体はまぁまぁできるけど、終わりが見えない感じが精神的につらかった… やっぱりプロに依頼するのが正解です。

裁断済みの本はメルカリへ

メルカリで売れそうな需要の高い本は【裁断済み・要注意!】として、メルカリに出品しました。

商品の状態を「全体的に状態が悪い」に設定したうえで、商品説明を以下のようにしています。


⚠️「裁断済み」の意味が理解できない方は、絶対に購入しないでください。

背表紙を裁断してバラバラの状態のため、通常の書籍のようにめくって読むことはできません。電子書籍化するための「自炊用」です。

スキャナで読み込むことで、PC・タブレット・スマホなどで読むことができます。
あとからのキャンセルはお受けできません、ご了承ください。

・表紙は素人による裁断、本文はプロによる裁断です
・背表紙はありません
・CDは付属しません
・中古で購入したため書き込みがある可能性があります
・定価:1,500円+税


価格は、定価の半額以下に設定するか、500円くらいに設定すると結構売れます。

きちんと「裁断済みである」という点を了承してもらうと、「本の形してないじゃん!」というクレームを発生させずに、取り引きを進められます。

結論:裁断はプロに頼むのが一番

大きい・重い・高い裁断機の購入を迷っている方は、裁断だけ外注してしまうという方法がおすすめです。

実際、クオリティーも問題なく満足できたので、今後また本が増えてきたら依頼しようと思います。

裁断した本をスキャナで読み込む作業については、また次の機会に解説するので、乞うご期待!