服も部屋もスッキリできる!ミニマリストはおせっかいクリーニングを使おう

服の画像

手持ちの服を最小限にしようと断捨離を続けていました。
量がかなり少なくなって全てがお気に入りです。

お気に入りの服をベストな状態で着るべく、クリーニングに出そう!ということで、

こちらの比較サイトを参考にして宅配クリーニングサービスの「リナビス」を使うことにしました。

リナビスにしよう〜!と思ったポイントをまとめておきます。

おせっかいがすぎる田舎のサービスが魅力

公式サイトの説明にあるのは、社員のおじさまおばさまのプロフェッショナルな姿です。

服の縮みを最小限に抑える自然乾燥や、熟練の職人が多数在籍している様子。

これはかなり惹かれてしまいますね。

会員を1万人に限定することで、徹底したサービスが行き届くようにしているようです。

具体的には、

  • 毛玉とり無料
  • しみ抜き無料
  • ボタン付け無料
  • 9ヶ月保管無料
  • クリーニングの相談無料
  • 再仕上げ無料
  • 送料無料
  • おせっかいの気持ち無料

8大無料サービスありがたい!

これに加えて、汗抜き無料キャンペーンが行われていました。

私はとにかく毛玉をとってもらいたかったので、無料サービスなのは助かります。
襟元の汗ジミもごっそりとってもらいたいので、しみ抜き無料、汗抜き無料も感謝です。

パックの料金にすべて含まれていると考えてもお得…

最大9ヶ月保管

クリーニングしたい服は冬物がほとんどです。

服をきれいにしてもらいつつ保管もしてくれるので、押し入れのスペースがごっそり空きます。

空間を広く使いたいミニマリストにはぴったりですね。

返してもらいたい日時を注文の際に指定する形なので、だんだん涼しくなってくる9月下旬に指定しておきました。

大きさ関係なく定額

普通、ダウンコートや厚めのジャケットは金額が高くなりがちですが、リナビスの場合は5点パックや10点パックなど金額が一定に設定されています。

1、2枚をクリーニングに出すなら別のサービスがおすすめですが(たとえばリネットとか)、まとめて送るならリナビスの方がお得です。

ざっとした流れ

STEP.1
まずはWeb上で申し込み
STEP.2
キットをまるごと自宅に送ってもらう
STEP.3
キットに服を入れる
STEP.4
集荷してもらう
STEP.5
きれいにしてもらう
STEP.6
保管してもらう
STEP.7
希望日に自宅に届けてもらう

という流れです。

キット一覧

実際に送られてきたキットはこんな感じで、郵便受けに投函されます。

利用ガイドマニュアル

マニュアルを見ながら申し込み書を記入していきます。
はじっこの方に袋のジッパーを固定するための部品も入ってますね。

服それぞれにくっつけるメモ

メモには、しみ抜きしてもらいたい部分などを手書きで指定し、オプションを注文した場合はチェックを入れていきます。
(オプションはあらかじめWeb上で申し込みしてありますが、変更する場合はここで訂正しておきます)

メモは針金で服のタグなどに固定します。

送付用の着払い伝票

送り先すでに書いてあるので、自分の住所だけ書きましょう。

服を詰める袋

5点入れても余裕があります。

まとめ

点数が多かったり、クリーニング屋に持っていくのが大変だったり、部屋に余裕がなかったり……

そういう方にはリナビスがおすすめです。

公式サイトでの注文で即使えるポイントが333円もらえるので、ちょっぴりお得になります。

ちなみに、注文時はハピタス経由で申し込みをするとハピタスポイントが1100pt貯まるので、かなりお得でした。

ご参考までに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です