正統派の流儀で、一人手帳会議

能率手帳の流儀の画像

文房具マニアです。
中でも手帳は、一年分の文房具熱を凝縮します。

しかし最近、手帳自体をあまり使わない日々を過ごしていました。個人的にはありえない話です。

  • マンスリーの欄がちっちゃいから、そもそも書こうとしない
  • 日記が無制限なのはアカン
  • やりたいことリストが別居している

以下、能率手帳の本に頼りながら、一人手帳会議を開いた様子です。

能率手帳の流儀「書く」と「振り返る」

能率手帳を作っている会社の、野口晴巳さんの本を読みました。

最近、能率手帳がNOLTYに変わったこともあって、ちょっと気になってはいたのです。日本人の日本人による日本人のための手帳だったし、万年筆使いにも完璧な紙質だし。

手帳を見ると振り返りが始まります。振り返るということは考えるということです。つまり、「手帳を見る回数」=「考える回数」なのです。
(pp.120-121.「細切れ思考で集中する」)

こういうお話があって、そういえば中学と高校で、毎日のように振り返っていた一日を、大学に入ったあたりから振り返らなくなったのでは? と気付いて愕然としました。

何が文房具マニアだ、手帳を振り返らずして何が手帳マニアだ、と脳内でしばらく罵声が飛び交いました。

中学校のお勉強シート「MyPlan」

手帳らしきものを書き始めたのは中学の頃からですが、勉強の予定と実行に関しては、担任の先生が作った「MyPlan」を使っていました。

techo5-2

当時ぐちゃぐちゃとカスタマイズしようとしていたのが、よくわかる図ですね。

これを使って「書く」「振り返る」を繰り返していました。テストが終わったら反省点を書いて、先生に提出です。大学受験の際も活躍。

自分は何のために頭と時間を使っているのか、このシートを使っていた時が一番把握できていました。10代の方が… 地に足が着いてるよ…

反省した結果

今はカンミ堂さんの「テンミニッツ」で時間軸を把握しています。お勉強シートの一日分を縦にしたような感じ。

15277706743_4242414bfb_o

毎日、何度も何度も見ています。
これからもちゃんと使います。

マンスリーはちっちゃい

techo2

当たり前ですが、手帳のマンスリーは欄がちっちゃいです。

  • 淡々とフセンを貼って管理
  • 気が向いた月は、ちっちゃい欄にイラスト

当然、文章が絶対的に足りなかったです。イラストはもちろん楽しいのですが、どうやら、実行したことは文章で把握したい人間でした。

無制限で書けてしまうメモページ

女の日記は基本病んでいるので、ほとばしる熱いパトスは振り返るのが怖いです。だからたぶん、ウィークリーの欄に書ける分量が「振り返る」のにはちょうどいい。多すぎても少なすぎてもダメ。中くらいがチョウドイイ。

あと2014年夏から、A5で3ページ分、毎日字を書くようにしてて、いい感じにガス抜きできているので、日記は落ち着いて書けるはず。

やりたいことリストは同居しないと意味がない

やりたいことや見たいものリストは、思い付いた時に近くにあるメモ帳に書いていました。

スケジュールと併記して、普段から目につくようにしておけば、本屋とか映画館に行った時に、さっと決められますよね。なぜ別ノートに書いていたのか。これからは手帳で中央集権。

2つありますけどね。使いながら考えます。

一日の積み重ねが一年になる

野口晴巳さん曰く、

一歩一歩の積み重ねが一週間になり、一カ月になり、一年になるというとらえかたです。自分自身の将来を見つめたり、自分のことをよく知るために、一日一日、自分はどんな行動をしているのか、充実しているのか、中途半端なのか、そこを突き詰めてみる。
(pp.81-82.「書くから人は進化する」)

天のカミサマの言う通りすぎて、何の反論もありません。中途半端でも「中途半端だな」と自覚するだけでいい。とにかく「書いて」「振り返る」だけでいい。

野口晴巳さんの文章は、当然のことを「当然だろーが」じゃなくて、「そういえばこうだよね、自分もそうだったよ」と経験談で教えてくれるので、書いて振り返るだけでいいんだ… ありがとうございます… と謙虚な気持ちになります。

おわりに

一日とか一週間がなんとなく過ぎていっちゃう人は、「能率手帳の流儀」おすすめです。手帳マニアの気持ちが流れ込んできますが、実際簡単なので、ちょっとやりたくなってくるはず。

人の手帳の使い方を見るのが好きなので、手帳使っている人はブログに書きましょう。探してこっそり見に行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です