引き算の変態として洗剤を絞りに絞ってみる

メモして学ぶ画像

引き算について考えていたのですが、

洗いものの周辺アイテムって
どうしてこうも種類が多いのでしょうか。

  • 手洗い用石けん
  • 食器用洗剤
  • 洗たく洗剤
  • 柔軟剤
  • お風呂用洗剤
  • トイレ用洗剤
  • 重曹
  • セスキ
  • アルコール消毒液
  • 酸素系漂白剤
  • 塩素系漂白剤
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • クレンジング
  • 洗顔フォーム

こんなにあったら
そりゃあ管理は大変になりますわ。

わたしはこれらをミニマムに絞りに絞って

  • 食器用洗剤
  • アルコール消毒液
  • 酸素系漂白剤
  • 塩素系漂白剤
  • シャンプー

これだけに
できそうなところまで
ようやく来ました。

手洗い石けん、ボデイソープ、お風呂用洗剤は
ミニマリスト御用達
カウブランドのシャンプーで代用できます。

スプレータイプの塩素系漂白剤があれば、
排水溝もトイレも、どこでも
ごっそりきれいにできます。
(100均にもある)

本当は
食器用洗剤もなくして
これまたミニマリスト御用達の
アクリルたわしに切り替えたい。

ですが、
現在、脂質の多い食事をこころがけているため
食器用洗剤はまだ健在です。

大きな引き算としては、
洗たく洗剤と柔軟剤をなくせたこと。

そう、かの有名な
洗たくまぐちゃんのおかげです。

部屋干しのニオイともさよなら
梅雨時期も大活躍でした。

アルコール消毒液は
モフモフにゃんこのために
一応キープです。

どんどん引き算して、
管理の楽な状態にしたい。

洗面台やキッチンの戸棚
ぎっしりのストックなんて
持たずに生きたいです。

ひとつずつ、
減らして実験です。