【ゆるい筋トレ】副腎疲労でもできる簡単すぎて笑っちゃう筋トレはこれ

ダンベルの画像

こんにちは、まりるです。

タイトルのとおり、めちゃくちゃ簡単すぎて笑っちゃう筋トレを見つけてしまったので、さっそく実践してみました!

副腎疲労を抱えている人って、スクワットや有酸素運動が予想以上にキツイという方が多いかと。

そんな方にはとにかく簡単な運動がいい!

かんたんすぎて笑った

『アイデア大全』『問題解決大全』でおなじみの読書猿さん、ブログがとにかく図書館並の知識量なのですが、

運動に関する内容も掲載されていました。

まずはこちらのブログでイラストをご覧いただきたい。

Level.1

ブログの絵を見てのとおりなのですが、体育座りの状態で寝っ転がって、縦に揺れるだけです

……かんたんすぎでは?

いろんな筋トレ本を読んできましたが、世界一シンプルですよねこれは。

朝起きたときにもできるし、昼寝するときも、夜寝るときもできる。

で、実際やってみたところ、

たしかに10回超えたあたりから、お腹全体が熱くなってくる感覚がありました。

あと足を抱えている二の腕も、結構力が入るので疲れてきます。

Level.2

足を抱えていた手を離して、縦に揺れます

これは10回未満でもお腹がきつくなってきます。私は10回まででストップ……

ほんとに筋肉なさすぎですが、ここから少しずつ増やせばいいだけですから。

Level.3

足も腕も伸ばして、縦に揺れます

これはキツイ! むり!

というかどうすれば縦に揺れるのかすらわからない!

結論

Level.1 を10回、ちょっと休んでもう10回から始めようと思います。

私は昔からスポーツをするのが好きでしたが、すぐ疲れてしまって、やる気がないと思われておりました。やる気は…すごくあるよ……

昨今の筋トレブームに乗っかろうにも無理! という状況に焦りも感じていました。

エネルギーがうまく作り出せない体質もあると思うので、まずは体質の改善だけど。

それからすこーーーーーしずつ運動もしていく、ぐらいで今のところはOKとしています。

他のオススメ筋トレ

ちなみに、自宅でトレーニングしようと思って買ってみた本もいろいろあって、

上記で紹介した運動がかんたんにできてしまう人は、以下もオススメです。

・道具がいらない宅トレならこちら
Instagramで宅トレといえば! という方が本を出されました。
元の体型が自分と似ていたので、よく参考にしておりました。

・イラストのほうが集中しやすい方にはこちら
筋トレ系の本って写真が多いのですが、個人的にはイラストの方がやる気が続くんですよね…なんでだろ…

ということでご参考までに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です