家計簿アプリ「Zeny」で締めの作業時間がさらに短縮できた!

家計簿の締めの作業に3時間かかっていましたが、

「Things3」アプリのタスク細分化で、かなりの時短になりました!☟☟

家計簿の作業を3時間から30分に時短!Things3アプリでタスク管理をする

さらなる時短のために、家計簿の作業で頭脳労働を強いられていた「現金と家計簿のズレの確認」をつぶすに着手しました。

家計簿アプリ「Zeny」のシンプルさで続く

今までいろいろなアプリを試しました。

クレジットカードの明細を取り込んでくれるアプリを何種も試しましたが、

家計と自費がごちゃごちゃになるので却下。

良さそう!と思ったシンプルなアプリでも、動きが遅くて早打ちできないので却下。

などなど。

試行錯誤の結果、

  • 動きが素早い
  • カテゴリをシンプルに設定できる
  • 画面がごちゃごちゃしていない
  • 1か月単位でレポートを出力できる
  • 修正も楽ちん
  • 無料

というありがたいアプリとして「Zeny」に落ち着きました!

家計簿アプリで迷っている方には、たいへんたいへんオススメです!

家計簿 Zeny 簡単で軽い家計簿アプリ

家計簿 Zeny 簡単で軽い家計簿アプリ

Umemoto Non無料posted withアプリーチ

支出はそのつど鉄の意志で「Zeny」アプリにメモる

まず、金額のズレは確認したくないので、ズレがなるべく出ないようにしました。

すごく当たり前のことですが、支出を必ずメモする!!です。

お店を出る前や、ネットショップのレジの段階で即入力!

とにかく「メモしないと気持ち悪い」ほどに習慣化してしまえ作戦です。

カテゴリは以下のようにざっくり把握できればOKとしています。
(二人暮らし用です)

  • 食費
  • おでかけ(外食、カフェ、観光)
  • 日用品(消耗品系)
  • 対外用(お年賀、交流費)
  • 医療費(突発的な体調不良)
  • 交通費(ほぼ使わないけど一応)
  • 雑貨(家電、継続して使うもの)
  • 猫(ごはん、ケア用品)

固定費はこんな感じ☟

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • ネット、サーバ
  • 米(毎月積立、3ヶ月ごとに親戚から購入)
  • 薬(毎月飲む用)

このカテゴリでとにかく日々コツコツ記録する!
何があっても必ず!
旅行中でも絶対遵守!!!

鉄の意思で守り抜いた結果、

入力忘れがなくなり、現金と家計簿のズレを調べる必要がなくなりました!

支出記録はレポートとして「Evernote」に保存

家計簿アプリ「Zeny」はここ☟をクリックすると、1か月単位でレポートを出力することができます。

Zenyアプリのレポート画面

Zenyアプリのレポートを出力する画面

Zenyアプリのレポートを出力するボタン

ZenyアプリでEvernoteに出力する画面

csvファイル(テキストと数値のみのデータ)で、とりあえずログとしてEvernoteに保存です。

言わずと知れた何でも保存しちゃえサービス・Evernote

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

レポートはまだ見返したことはないですが、
気になったとき用に念のため保存しています。

もしかしたら、細かい使途を知りたくなるときがあるかもしれないから!
たぶんないけど!

年間収支表は「Googleスプレッドシート」で

作年の家計簿と比較したり、月単位で比較したいときのために、

「年間収支表」を作成しています☟

スプレッドシートで作った年間収支表

モザイクばっかりで見づら!笑

家計簿のテンプレートを作成・配布しているこちら☟を参考にしております。

はじめは、日々の支出もすべてこのスプレッドシート(Excel)で管理していたのですが、

パソコンを開くのがめんどうで続かなくなりまして。。

やっぱり、スマホでサクッと入力できる方が障壁が減る!

私はそのほうが続きました。
(スプレッドシートのスマホアプリもありますが、まぁ…使いづらいっす…)

カテゴリの並べ方を「Zeny」と同じにして、毎月手入力しやすくしてます。

本当はここを自動にしたいのですが、なかなかできず。ぐぬぬ……

基本はAmazonクレジットカードで支払い

クレジットカードは引き落としに時差があるから混乱する

という意見がありますが、

「日々メモしておけばよくない?」

で解決です。

今までは

  • 1週間ごとの現金を用意
  • ネットショッピングだけクレジットカード
  • カードで支払うたびに、現金を封筒に確保

していました。

メリットは☞ お金を使いすぎなくて済む!

デメリットは☟

ちょうどの額がないときに、

「お札を細かくしてから封筒に入れよう!」

などを覚えておいて管理するのが非常にめんどう…

なので、

  • すべての支払いをクレジットカードに集約
  • 口座に一定の額を入れておく
  • 毎回いくら使ったかを「Zeny」にメモする

という流れにしました。

メモして把握すれば、残金も危機感も一発でわかるので、かなり管理が楽です!

電気・ガス・水道・ネット・サーバ・年金などなど、

すべての買い物のポイントをAmazonポイントに集約させて、ちょっぴりお得にしています。

まとめてやろうとせず日々コツコツが最強

結局は、日々の小掃除をやっていれば大掃除なんて不要なのと同じで、

日々の支出をメモする習慣化ができれば、毎月の作業が楽になるんですね。

ほんとは毎月の作業すら要らないくらいですが、

私がビビリなので「お金なくなっちゃったらどうしよう…」という恐怖心をなだめるために、毎月の作業を続けています。

毎月の締めの作業がめんどう!つかれた!という方はぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

「Zeny」アプリ

家計簿 Zeny 簡単で軽い家計簿アプリ

家計簿 Zeny 簡単で軽い家計簿アプリ

Umemoto Non無料posted withアプリーチ

Evernote

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

Amazonクレジットカード

Excelの家計簿

合わせて読みたい!☟☟

家計簿の作業を3時間から30分に時短!Things3アプリでタスク管理をする